荒川アンダーザブリッジ エンコード状況と画質チェック

ここでは、「荒川アンダーザブリッジ エンコード状況と画質チェック」 に関する記事を紹介しています。

お世話になってるサイト様の新着記事

相互RCC設置しました。申請はこちらからお願いします→相互リンク/相互RCC
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル:荒川アンダーザブリッジ
放送画質:本編SD-p EDはSD-i/486
フレームレート:本編周期一定24、ED60i(1話) ED24(2話)
警告テロップ:なし
ファイルサイズ:1話295MB




続いて荒川アンダーザブリッジです

どんどんエンコード状況と画質をチェックしていきたいと思います
さて、まずはaviutlに突っ込んで確認


リアルタイム視聴の段階で、気づくぐらい画質は良くないです
ですが、画質以上に内容が圧倒的におもしろいので視聴は続けるでしょう
今期の中で1話の喰いつきはNo.1ですねw
村長が反則すぎるwww
話を戻しましょう。1話はEDのみ60i処理が必要です
ただ、2話ではテロップもなくEDも24ですので、もしかしたらEDは毎回変わるパターンで奇数話はED60i、偶数話はED24になるのかもしれません
それと、EDはフィールド処理型のインターレース維持になってるので、インタレ維持リサイズで綺麗にできます
aviutlのインタレ維持だとキャラはいいのですが、文字が綺麗になりませんでした
avisynthで処理するので、BCSInterlacedResizeMod1.0を使ってるのですが、これなら文字もキャラも綺麗になったので、こちらをおすすめします


以下、使用したフィルタとx264の設定です

◎使用フィルタ
・WarpSharp
・UnsharpMask
・FluxSmoothST
・GradFunkMirror
・BCSInterlacedResizeMod1.0
・Its
・Trim
・Spline36Resize
・Crop
・ColorYUV2
・ConvertToYV12
・EraseLogo


◎x264の設定
※青字の部分が今回追加したパラメータです
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
--level 4.1 --crf 21 --aq-mode 1 --aq-strength 0.8 --psy-rd 1.0:0.25 --deadzone-inter 8
--deadzone-intra 6 --ipratio 1.6 --pbratio 1.4 --qcomp 0.7 --qpmin 12 --qpmax 35
--qpstep 8 --scenecut 70 --min-keyint 1 --keyint 300 --partitions p8x8,b8x8,i4x4 --8x8dct
--bframes 4 --nal-hrd vbr --vbv-maxrate 30000 --vbv-bufsize 24000 --b-adapt 2
--direct auto --me umh --subme 7 --merange 32 --sar 1:1 --threads 4 --trellis 1
--deblock -1:-1 --no-fast-pskip --no-dct-decimate --psnr --ssim
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




関連タグ : エンコード, 設定, 荒川アンダーザブリッジ, 画質,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daybreakdeath.blog66.fc2.com/tb.php/128-4260fdff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。