Bul-rayリッピング&エンコード その2

ここでは、「Bul-rayリッピング&エンコード その2」 に関する記事を紹介しています。

お世話になってるサイト様の新着記事

相互RCC設置しました。申請はこちらからお願いします→相互リンク/相互RCC
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回は準備するものを説明しました
Bul-rayリッピング&エンコード その1

それでは、実際にリッピングをする為の、ソフトの使い方をやっていきます

順番通りにやっていきますが、前後しても問題ない個所もあります

その辺は、自分のやり易い方法で構いませんよ

では、レッツゴー!!
1.AnyDVD HDでBlu-rayの中身を吸い出す 試用期間を過ぎてしまったので、画像付でうまく説明出来ない状態です
難しい設定もないので、本来は説明無しでも大丈夫と思いますが
こちらのサイトでうまく説明してるので参考にしてみてください
DVDコピー Web site DVD-kowaza



2.m2tsファイルのフォーマットを調べる

VLCでm2tsを読み込み「ツール」→「Media Informaiton」をクリックします


コーディックの詳細にフォーマットが記載されています
この画像では「h264」となっていますので、「MPEG-4/AVC」というのがわかります
※ちなみに私のVLCのバージョンは1.0.1です



3.DGAVCDexまたは、DGMPGDexで編集できる形式にする

○DGAVCDexとDGMPFDexの使い方は、ほぼ一緒です

まずはヘルプを見て「VFAPIプラグイン」にチェックが入ってるのを確認してください


次は、ファイルを選択して読み込みます
メニューの「ファイル」→「開く」からm2tsファイルを選択してOKを押してください


次は音声の設定です。出力する場合は「分離」を選択
※今回、音声はtsMuxeRで出力するので、出力しないを選択してください


最後に「プロジェクトの保存」を選び、ファイルを保存します



4.tsMuxeRで元のm2tsから音声をwav形式で取りだす

対象のm2tsファイルを入れます
そうすると、真ん中にチェックボックス付で映像と音楽などが出てきます
今回は音楽だけを抜き出したいので、音楽以外のチェックをハズシます
「Output」で「Demux」を選択し、保存先を選んでから一番下の「Start demuxing」を押します。後は、出来上がりを待つだけです



5.avisynth経由でaviutlに読み込む
まずは新規でテキストを作り、そのテキストに以下の文字を入れます
---------------------------------------------------
LoadPlugin("DGAVCDecode.dllへのパス")
AVCSource("dgaファイルへのパス")

---------------------------------------------------
そして、ファイルを保存したらその拡張子を変更します
現在.txtとなっていると思いますが、.avsに変更して下さい
後は、そのファイルをaviutlに放り込むだけで、.dgaファイルを読み込んで編集できるようになります
後は、好きなように編集してエンコードしてください
※.d2vファイルをavisynth経由で読み込む場合は、avisynthにプラグインなどを入れる必要がありますが、.d2vは直接aviutlで読み込めるので、avisynthを経由する必要は特にありません
しかし、そのまま読み込んだ場合、色空間はRGBになります
avisynth経由で(非VFAPIで)読み込めばYUY色空間(元色と同じ)で編集できます
詳しくはavisynth wikiを参考にするのをおすすめします




6.音声をwav→m4a形式にする
Nero AAC Codecを通して変換します
私はavisynthを使用する際、MeGUIを使うことがあるので、m4aにするのにもこれを使用してます
※他にもwav→m4aにするやり方はあるので、この方法にこだわる必要なし
※MeGUIではNero AAC CodecをMeGUI.exeと同じ場所に入れる必要あり


起動したら下側の「Audio」のみ操作します
「Audio Input」で対象のwavファイルを入れます
次に「Encoder settings」でNeroAACを選択(Nero AACならどれでもOK)
お好みでどうぞ。詳細に設定したい人は「Config」で設定してください


「Extension」で「m4a」を選択して、「Audio Output」で出力先を決めます
次に「Enqueue」ボタンを押します



今度は「Queue」タブを押してタブを切り替えてます
先ほどの情報があると思います。後は「Start」を押して待つだけです



7.UniteMovieで映像と音声を合体

最後の仕上げです
ここに、出来上がった映像と音声を一緒に放り込みます。そして保存場所を選択し「結合」ボタンを押すだけです
しばらくしたら、「終了しました」って感じのウインドウが出ます


以上で終わりです
avisynthが一番つらいと思いますが、私も使いこなせてないので説明できません
何か質問があればコメントにお願いします



関連タグ : エンコード, アニメ, aviutl, avisynth, Blu-ray,

コメント
この記事へのコメント
AVCHDの動画編集を劣化を抑えて行う方法を探して暁さんの所に辿り着きました。
作業5のaviutlでdgaファイルを読み込めません。
 そもそも、aviutlがavsファイルをVideoファイルと認識していなかった所を
”avisynth wikiを参考に”とありましたので、其処でavsinp.auiによる対応を知りVideoファイルとして開こうとするのですが、(ファイル形式に対応していない。あるいは、コーデックもしくはプラグインが無いとの趣旨のエラーメッセージ)で開けません。
 何かヒントでも頂けないでしょうか?
2009/09/12(土) 15:13 | URL | heikichi0317 #kyBjvhlc[ 編集]
う~ん・・・
avisinp.auiをaviutl.exeと同じところに置いたなら、aviutlの入力プラグイン優先度に「AVIsynth Script File Reader」ってのがあるはずなのでそれで読み込みます
後は、avsファイルのファイル指定パスが間違っているか、「Direct Show」で開こうとしているのなら相応のコーデックが必要になります。
指定パスが正しいかと、aviutlのプラグイン優先度を見直してみてください。
他のd2v形式やm2v形式が開けるかも試してみるとavisynthについてちょっとは分かると思います
2009/09/13(日) 03:10 | URL | 暁 #6XGrrLw2[ 編集]
今更な気もしますが、同じ問題を抱え、ようやく解決できたので一応。

私の場合、昔はこの記事のやり方で問題なくできていたのですが、OSのクリーンインストールをした後に、なぜかavsが読み込めなくなってしまいました。
どうしてできなくなってしまったのだろう、と思い、クリーンインストールする前と後の設定やインストールしているものの違いなどをいろいろ調べていたら、wmv9vcm、DivXcodec、XviDcodecをインストールしていないことに気がつきました。

インストール後に再試行してみると、昔のように読み込むことができました。avsを読み込むのに必要な何かがこれらのコーデックの中にあったのだと思います。

一気にインストールしてしまったので、どのコーデックがそれに該当するのかがわからないのですが、もしも未だに問題解決できていないのなら試してみると良いかもしれません。

長文失礼しました。
2009/12/29(火) 11:26 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
初めまして、このサイトを参考に最近アニメのエンコードを始めた物です。
状況と致しましては購入したブルーレイのアニメ『コードギアス』シリーズ一式を.mp4にエンコードした際に音ズレが発生していまいます。
試した方法はこの『Bul-rayリッピング&エンコード』を参考に全く同じ事をしましたが最後にyambで映像と音を合わせると必ずズレが発生します。
またUniteMovieで合成した場合に音ズレはないのですが映像の最初の数フレームがなくなって合成されこちらもうまくいきません。
それで映像の方がうまく出来てないのかと思いaviutlの設定を考慮しました。
設定に付きましては同じくこのサイトの『aviutlでアニメエンコード 』の1章から4章を参考にプラグイン等の数値を入力致しました。
そこで疑問に思ったのですがフレームレートやインターレースの解除について全くいじってなかったのですがこれが原因なのかと質問に至った次第です。
フレームレートに関しては自動24fpsにした方が良いのか、またインターレース解除に関しても自動24fpsや自動フィールドシフトを使うべきかと自分でかなりの時間を費やしましたがわかりませんでした。
もし宜しければご教授願います
2010/02/14(日) 17:13 | URL | 名無し #67ekAswA[ 編集]
avisynth経由なのかaviutlだけなのか分かりませんが、結合した時におかしくなるのでしたら、mp4boxがおかしい可能性があります。
私もおかしくなってしまうアニメがあったのですが、mp4boxを変更したら大丈夫でした。映像だけ、音声だけで再生してみておかしくないか確認してみてください。私がblu-rayのF91をやった時は問題なくできました。
インターレースや逆テレシネについてはやる必要が無ければやらなくていいです。blu-rayはたぶん元々24fpsで縞も無いと思います。
ギアスのblu-rayはソースがないので、ちょっと詳しく分からなくて申し訳ないです。ちなみに、blu-rayの時のx264パラメーターはaviutlの説明のものと、かなり違うものを私は使用しています。
2010/02/14(日) 21:37 | URL | 管理人 暁 #6XGrrLw2[ 編集]
早速のアドバイスありがとうございます。
こんなに早くご返答頂けると思いませんでした。
それではアドバイス頂いた通りにmp4boxの設定を調べていこうと思います。
これでうまくいけばいいのですが差し支えなければblu-ray圧縮時のx264設定がかなり違うとの事ですが参考にさせて頂いた数値よりx264デフォルトのアニメーション設定の方がよいでしょうか?
重ねての質問申し訳ございません。
お時間が出来た時にでもコメント頂ければ幸いです。

追伸
他の動画エンコードの仕方と解説するサイトを多々見てきましたがここのサイトが一番分り易かったです。
今後も更新される度に拝見させて頂きます。
2010/02/15(月) 17:49 | URL | 名無し #67ekAswA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daybreakdeath.blog66.fc2.com/tb.php/54-401949bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。